先端メディアサイエンス学科 | #明治FMS

先端メディアサイエンスを考えるブログ

数理のチカラ (荒川薫)

   

数理でお肌を整える? デジタル時代の美顔術

これまでの画像技術は、被写体をいかに正確に精度よく再現できるかを競ってきました。デジカメも以前とは比較にならない画素数をもち、鮮明な画像が撮れるようになっています。しかしその分、顔のしみやしわ、くすみなど肌のコンディションまで写ってしまうという難点があります。ブログやホームページのプロフィール画像に使う際に、手元にある顔の画像を手軽に、そこそこ見映えよくできないだろうか。そんな発想から「顔画像美感化システム」は生まれました。

続きはこちらから

 - 記事 ,