先端メディアサイエンス学科 | #明治FMS

先端メディアサイエンスを考えるブログ

数理のチカラ(橋本直)

      2013/08/17

hashimoto

タブレットで現実世界を自由に操れる?

明治大学総合数理学部先端メディアサイエンス学科 橋本 直 専任講師

パソコンで画像を加工・編集するように、現実の世界をITツールで自由自在に変化させることはできないものか。例えばタブレット端末で、インテリアの色を気分に合わせて変えたり、家事ロボットを操作したり。そんな時代がやがて訪れるかもしれません。

今、コンピュータの世界では、拡張現実感(Augmented Reality=AR)という言葉が大きなキーワードになっています。バーチャルリアリティがコンピュータによってつくられた架空の世界を体験する技術だったのに対し、ARは現実世界にコンピュータがつくりだした情報を重ねることによって現実世界を拡張し、そこに新たな価値や機能を付与する技術です。例えばスマートフォンを通して風景を見ると、そこから見える建物に関する情報が表示される、といった技術はすでに実用化されています。今後は単に情報を表示するだけでなく、ユーザーの指示によって、実世界が物理的に変化する技術も開発されていくでしょう。例えば、ロボットにスマートフォンやタブレットをかざすと、カメラ映像越しにロボットをタッチ操作で誰でも簡単に操れる。私は今、そんな技術の研究に取り組んでいます。

続きはこちら

 - その他